Author Archives: monoshop blog

御守りに荷物を入れたっていいじゃない!? @御守りルートート

こんにちは、mono shopのコミヤマです。

12月19日に発売したムック『御守りの本』より、著者でありグラフィックデザイナーでもあるハヤシナオタケ氏とトートバッグ専門ブランド「ROOTOTE」と本誌「monoマガジン」によるコラボグッズが誕生しました。

その名も「御守りルートート」! おかげ様で発売前よりお問い合わせをいただきまして、発売前からありがたや~。本日、mono shopでの販売を開始しました。

長めの肩掛けトートで、御守り柄がキャッチー。表のデザインには御守の文字と二重叶結び、そして小葵紋の定番デザインです。


裏は小葵紋に「ありがたや~」と手を合わす衆に、通称ルーポケットと呼ばれる隠しポケット付き。ポケットの柄がきっちりと合わされているところも、こだわりポイントです。

A4がすっぽり収まるサイズなので、monoマガジンも問題なく持ち運べます! 寺社仏閣への参拝時はもちろんのこと、ちょっとお出かけする時や、いざという時のサブバッグとして常に持ち歩きたいアイテムですね。数量限定なので、ぜひお早めにお求めくださいませ。

▶御守りルートートの詳細・ご購入ページはこちら

また、丸善・丸の内本店で「御守りふぇあ」を開催中です。『御守りの本』や「御守りルートート」、ハヤシナオタケ氏のショップ「有難屋」より御守り愛に満ちたグッズが大集合!!

昨日15日よりスタートしておりますので、こちらも合わせてお立ち寄りくださいませ。

■丸善丸の内本店 御守りふぇあ
場所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ2階 実用書コーナー
営業時間:9:00~21:00

2018/1/16更新 
投稿者:コミヤマ

LINEで送る
Pocket

金運上げていきましょ! 財布No.1★ QUADSTAR ★

mono shopのコミヤマです。
年末年始休業が明けて、いきなり校了という山場をくぐりぬけ、
この3連休でちょっと調子を取り戻してきた感じです。

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか。
慌ただしい年末年始ですが、このお休みの間に売れていたモノ、
アクセスが多かったモノNo.1が「財布」です。

気になりますよね、金運。
お財布から金運を引き寄せたいモノです。

不動人気のロングウォレットに続いて、ショートウォレットが大人気。
やはり、新年を新しい財布で…と用意される方が年々増えている印象です。

特に反響がスゴイのが、「QUAD STAR(クワッドスター)」のお財布。
こだわりの強い日本の職人モノにも拘わらず、
コンセプトはハイクオリティー&ロープライス!
消費者には嬉しい値ごろ感を大事にしている、いまイチオシのレザーブランドです。

素材は栃木レザーやヨーロピアンレザーなど、魅力的な牛革をセレクト。
細部まで丁寧に仕立てられており、手抜き感ゼロ。
「本当にこの値段で大丈夫?」と心配してしまうほど(笑)ですが、
そこは企業努力&直接取引によってクリア! 手の届きやすい価格帯を実現しました。

16日発売の「monoマガジン2/2号」でもご紹介するのですが、
待ち日数を少しでも短縮するためにも、ぜひ今のうちにお申し込みくださいませ。

受注商品はご注文順にお届けすることになりますので、
お申込み状況によりましては、1~2か月待ちということもあり得ますので。

■特集・お申込みはコチラから▶

2018/1/12 投稿者:コミヤマ

LINEで送る
Pocket

イロイロお知らせ

どうも、みなさん。
ありのです。

ジュピター/ウルトラアイ定規

思わずデュワっとしてしまいたくなる人気の商品「ジュピター/ウルトラアイ定規」誌面掲載後に即完売となり、しばらく売り切れとなっておりましたが、入荷しましたので、販売再開しております。ただし、お届けは年末年始の休業開けとなる場合がございますのでご注意を。

で、その年末年始のお休みについては、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2017年12月27日(水)~2018年1月3日(水)までです。期間中は注文の受付けは行っておりますが、商品の発送、お問い合わせは休み明け以降の対応となるのでご注意ください。

12月25日(月)10:00にはフィギュア王No.238の誌上販売である「CCP キン肉バスター 特別カラー」と「アルファマックス 柔王丸 フィギュア王限定カラーVer.」の受付が終了となります。
フィギュア王No.238誌上販売

CCPのキン肉バスターは先着300名の特典がありますが、まだ間に合います(といっても、少量の枠ですけど)。
もう残り数日というタイミングになってきているので、お忘れなく!!

新商品では、エニシングの新しいデザインの前掛けが登場です。
Anythingの新作前掛け

左は「Anything / ウルトラマン「ポーズ」ロング前掛け」、右は「Anything / ウルトラセブン「ダッシュ」ロング前掛け」です。

そして、これから~の予定としては、小田急百貨店・新宿店7Fにあるmono shopコーナーでは現在はGRANTフェア実施中で27日より新進気鋭のブランドであるムサシジーンズとQUAD STARが登場します。どちらともにマニアが好む高品質の素材で職人が作るアイテムではありますがそれ以上にコストパフォーマンスを重視したアイテムをリリース。実際にお手に取っていただいて、見てください。
場所などの情報についてはコチラ
http://www.monomagazine.com/info/mi171129odakyu.html

ではでは!

2017年12月22日 ありの
LINEで送る
Pocket

Cava? ごちそう缶詰み~つけた!

大変ご無沙汰しておりました、コミヤマです。
今年の3月に新作パプリカチリソース味を発表した「Cava? サヴァ缶」シリーズが、いま異常に売れてる!?
●Cava? サヴァ缶シリーズは3種。上から赤缶「国産サバのパプリカチリソース味」、黄色缶「国産サバのオリ-ブオイル漬け」、緑缶「国産サバのレモンバジル味」。詳細・ご購入はこちら!


何があったんだと思って調べたところ、マツコ・デラックスさんの番組でサヴァ缶を使ったアレンジ料理が紹介され、その美味しさにサヴァ缶を絶賛されたとのこと。さすがCMにも引っ張りだこのマツコさんだけあって、その影響力のスゴさは本物だなと実感しました。

岩手県産の国産サバ缶シリーズ「Cava? サヴァ缶」は、黄色缶のオリーブオイル漬け、緑缶のレモンバジル、赤缶のチリの3味。「岩手県産」というのはこちらの缶詰を手掛けている会社名であり産地であるという、わかりやすさ!

男性のお客様が9割を超えるmono shopでは珍しく、女性の方からの注文が殺到しており嬉しい限りです。このオンエアがある前に全種揃えておりましたので、今なら在庫ございます!!

ぜひクリスマスや年越しパーティなどでの一品料理やちょっとした手土産などにいかがでしょうか。めちゃめちゃ日持ちするサヴァ缶ですから、自宅用にもギフト用にもお年賀用にも持ってこいです。

単品は389円から。6缶のギフトボックス入り、3味楽しめるアソートセットもご用意。ちょっと贅沢したいなーって時や、お酒のおつまみにもぴったりです♪

そんな缶詰談義をしていましたら、昔弊社から刊行したムック『冒険缶詰』を思い出しました。

いまや絶版となってしまったムックですが、その衝撃たるや、ワクワク感たるや、いまもキラキラと私の心の中にある1冊です。

2017/12/12 投稿者:コミヤマ

LINEで送る
Pocket

イベント情報です!!

どうも、みなさん。
ありのです。

※上の画像に特に意味はありません。

FacebookやTwitterご覧の方はご存知かと思いますが
明日の11月1日より3日連続でイベント開始となります。
それぞれ、イベントごとに違う商品が並んでおりますので、気になる方は是非チェック……
いやいや、ご来店ください。

まずは11月1日(水)より開始はジュエリー・レザー・時計技師といった職人を育てる専門学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」に期間限定で登場!!

ヒコみづの

ここでは、ミリタリーバッグやmono編集部が過去に集めたノベルティ―グッズなど貴重なアイテムを大放出するアウトレットセール。ほとんどが1点モノになってしまうので、気になるアイテムは早めにゲットです。
余談ですが、「ヒコ・みづの」さんの校舎は、本校舎と青山校舎の2つが近くにございます。
出店する場所は青山校舎の2F「Kitchen」となりますのでご注意を。そして、一般の方もご入場・ご購入できますのでお気軽にご利用くださいませ。
イベント情報
 http://www.monomagazine.com/info/mi171101hiko-miduno.html

 
続いては11月2日(木)から開始の小田急百貨店です。
なんと、新宿店本館7Fにmono shopコーナーを頂きました。コーナーとなるので広くはございませんが、mono shopのイチ押しのテーマで展開していきたいと思います。

まずは第1弾として、モノ・マガジンでも特別企画として登場したウルトラセブン放送開始50年記念グッズ。誌面で登場したアイテムはもちろんでそれ以上にアイテムが増えております。横濱ワールドポーターズで行われた「アートオブウルトラセブン展」で出店されたアート作品なども一部展示販売されるので、是非見に来てください。
ウルトラセブングッズの展示販売期間は11月中を予定しております。
イベント情報
http://www.monomagazine.com/info/mi171102odakyu.html

 
11月3日(金・祝)。この日は恒例ともなってきている「入間航空祭」です。
今年もmono shopと航空ファンで出店となりました。

入間航空祭2016※画像は去年のものです。

今年の出店場所は、去年、一昨年とは異なり飛行機の展示場のすぐそばになります。
パンフレットからだと本部館や自衛官募集ブースなどがある中央の売店エリア。
ただ、この売店エリアに多数のお店が出店していいるそうなので、いつもながらではありますが、「mono shop」「航空ファン」この2つのノボリを目印にご来店くださいませ。

では、また!!

2017年10月31日 ありの
LINEで送る
Pocket

世界で7体しか存在しない、まさにプラチナ級フィギュアだ!!

みなさん、こんにちは〜♪ 【モノ・ショップ】の小出です。

2017年9月16日(土)から受注を開始した『ウルトラセブン放送開始50年』記念のプラチナ製ウルトラセブンのフィギュアとピンズをご紹介します。

放送開始50年を経て、今なお心の中に生き続ける永遠のヒーロー「ウルトラセブン」。そんなセブンをオマージュした前代未聞の限定アイテムです。

ジュエリー製造国内トップシェアを誇る総合ジュエリーメーカー「桑山」による、プラチナ950を贅沢に使用した最高級フィギュア「PLATINUM ULTRASEVEN(プラチナ ウルトラセブン)」。

ブライダルリングにも使われる純度の高いプラチナを贅沢に使用し、最先端の3D技術を駆使した中空構造で、ウルトラセブンの世界観を見事に表現しています。

額のビームランプには0.05ctのエメラルド、ディスプレイケースのプレートにはダイヤモンドで装飾し、無類の高級感を醸し出しています。

これまでのウルトラセブン・フィギュアにはない神々しい存在感。セブンにちなんで世界限定7体!
mono shop先行販売のコレクターズアイテムなのです!

そして、『ウルトラセブン』をモチーフにしたプラチナとシルバーのピンズもフィギュアと同時にモノ・ショップで受注を開始しました。

デザインはプラチナ900が6種類、シルバー950が4種類。細部までリアルな表現と輝きが特長で、ウルトラセブンのフェイスを象ったタイプはビームランプにエメラルドを使用、ウルトラ警備隊のエンブレムは、ダイヤとサファイアと贅を尽くしました。

セプン愛に満ち溢れた傑作品!プラチナのフィギュア&ピンズの特集ページはコチラからどうぞ!!

© 円谷プロ

2017/9/20 投稿者:小出清孝

LINEで送る
Pocket

災害は自分には関係ないと思っていませんか?

こんにちは、mono shopのコミヤマです。

先週、8/21(月)に新刊『防災傑作モノ』を発売しました。

日常的に、あるいはアウトドアと併用できる防災グッズから、核兵器や生物兵器、化学工場の事故なども含めた特殊災害に対応するグッズまでたくさんの防災グッズをご紹介しています。

「こんなグッズがあるんだー!」と基本的には楽しくご覧いただける本に仕上がっています。かく言う私もコラムをいくつか担当し、さらに今回の防災キットを企画しました。


こちらが『防災傑作モノ』編集部特製、 常時携帯型防災キット「MONO EMERGENCY MINIMUM KIT」です。出先で災害に遭った時に、すぐに役立つ10アイテムを厳選しました。

これまで防災キットを作るときは、男性誌目線でモノを選んでいましたが、防災本は弊社の雑誌の中でも、女性が手に取られることが多い(嬉!)とわかってきたので、今回は「ユニセックスに持てること」をテーマにチョイスしてみました。

誌面ではページが足りなくて、キットを納めるポーチを深ボリできなかったのですが、これがモノすごいこだわりが詰まったポーチなので、ここで捕捉したいと思います。

チョイスしたのは、A&F「ミステリーランチ」のポーチBOP。アメリカのヘビーデューティーなカバン作りで人気上昇中の「ミステリーランチ」。バックパックが代名詞となっているブランドですが、小さなポーチもスゴイんです。


引き裂きに強くタフな500デニールのコーデュラナイロンを主素材に使用。上部のメインコンパートメント口には止水仕様のWジッパーが搭載されています。このジッパー、手袋をはめた状態でも引きやすいよう工夫されています。

正面にはベルクロフラップ式のポケットがあり、すぐに取り出したいアイテムを入れておくと便利。限定キットでいうなら、避難時に役立つ「シールド付き防災マスク」を入れておくのがオススメです。意外とマチが深いのもいいところ◎


背面も活かそうと、右側にあるベルクロスペースに注目しました。

A&Fさんにお聞きしたところ、「このスペースに合うようなワッペンは取り扱ってないんですよ!」ということでしたので、編集部が日本緑十字さんとコラボして、このベルクロスペースにぴったりサイズの蓄光パッチ「キラキラ」を作ってみました。中央のラインがキラッと反射、両サイドのラインが蓄光で長時間高輝度で発光するスグレモノです。

このパッチをつけておけば、停電になってもどこにポーチがあるか分かり、非常用ポーチとしてさっと持ち出せますよ。日常使用時はパッチをはがして、ジッパーポケットにでも入れておけば、失くさずに済むと思います。


背面のタテジッパー付ポケットには、ちょっとした小物をいれるのに便利。そのポケット裏には、ブランドタグが縫い付けられています。携わったスタッフによる手書きのタグが、ミステリーランチの特徴です。こういうのを見ちゃうと、大事に使おうって思いますよね。

ビビッドなオレンジカラーのストラップも、これまた優秀! 質感はしなやかで、身体のラインに馴染むやわらかさ。


ストラップを長めにして「斜め掛け」。短くしてベルトループに通せば「ウエストポーチ」にも使えます。もちろん、ストラップを取り外せばポーチの単体使いもOK。3WAYを叶えてくれるストラップというワケです。

では、ミステリーランチBOPにどのように防災ギアを詰めるのか。私の詰め方を「一例」としてご紹介したいと思います。

メインコンパートメントは前側に大ポケットが一つ、後側に小ポケットが二つ仕切られて付いています。

中のポケット口には全て太めのゴムが内蔵されているので、ポケット内のモノが飛び出すのを防ぎ、効率よく収納できるのがポイント。

私は大ポケットには耐水メモの「TAGGER LIFE GEAR」と、A&Fの「IDボールペン」と「mono特製ソーイングキット」を入れ、小ポケットの一つ目には「mono限定レスキューバッテリー」の本体と充電ケーブルを、二つ目にはSOLのマルチツール「フェニックス」を入れてみました。

前後のポケットの合間には、多摩川クラフトの「携帯QQトイレ」と、LOGOSの「LLLエマージェンシーゴールド」をするっと挟み込んで完成です! (前述の外ポケットには「シールド付き防災マスク」を入れて。)


納まりよく、これだけ入れても上部にまだ余裕がありますので、スティックバーなどの非常食を入れたり、絆創膏を入れたり、自分仕様にカスタムして使えます。

このキットをきっかけに、防災対策を始める人が増えていきますようにと、儲け度外視の特別価格に設定しています。ちょっと安くしすぎたかな…とは杞憂でしょうか。

「災害は自分には関係ないと思っていた」とは、被災者の方からよく聞く言葉。防災への備えは災害大国に暮らしている以上、必需品です! この機会にぜひ、常時携帯型のキットを備えていただけたら幸いです。

限定キットの初回分はあとわずか、詳細・ご購入はこちらからお願いします♪

2017/8/30更新

LINEで送る
Pocket

スマート・デザインなBBQグリル! その名も「ノートブック」

こんにちは、mono shopのコミヤマです。

先日、長野県の野尻湖へキャンプへ行ってきました。
ここぞとばかりに持ち出したのが、a plus designの「ノートブック」

ノートブックはもともとはダイレクトデザイン社のプロダクト。
昨年エープラス社が買収し、a plus designの商品としてRE:スタートしたところ。

「ノートブック」という名からBBQグリルを思い描く人は少ないと思いますが、
使ってみてその秀逸さを実感してきましたので、こちらでレポートしたいと思います!!

●超持ち運びやすい収納のカタチ!

大きいサイズの「ノートブックSS」を持って行ったのですが、
収納サイズはW48.5×H55×D3cmとスーパースリム。
四角形だからクルマに整理して入れやすい!!
さらに、付属の網類はグリルの内面にぴったり収まるのでスッキリ。


持ち手部分もデザインの一部。機能美を感じる美しいデザインです。
グリルが四角で角があるステンレス素材なので、別売りですが専用バッグはあった方が便利。

●組立カンタン!

商品名の通り、ノートを開くような感覚で簡単に設置できます。
開いて横からみると「✖」の形で安定感バツグン!
パタパタとサイドを開いて固定して、網類を取り出して、
下網をのせ炭をのせ、三つ折りになっている上網を開いてのせたらBBQの準備OK!


汚れると後の掃除が大変なので、LOGOSのBBQお掃除楽ちんシートで覆いました。

●さぁ、ローポジBBQ開始!

ローポジションが我が家のBBQスタイル。
まずはLOGOSのエコココロゴス・ミニラウンドストーブ4に火をつけ、
炭に火を移す作業からスタート。炭に火が移ったら、網をのせてジャンジャン焼いていきまーす。


軽井沢の佐藤肉店の肉やソーセージ、農協で買った朝採れ野菜。網の隅っこで缶詰をアテ用に。
網は約W48×H40cmと意外と大きいので、広く使えます。
大人8名、子ども2名のBBQでしたが、このノートブックSS一台で十分でした。

●同時に焚火もやっちゃって

同日にデビューしたのがスノーピークの焚火台(左写真中央、その右は1年使用したモノ)。
ピッカピカの新品に薪を組み、焚火を同時進行で楽しむことに。

その時に使用したのが、ワンダーブリッツの「ワンストライク」という着火剤。
マッチと同じ要領で擦り下ろせば、そのまま8分間燃え続けてくれるスグレモノ。

火熾しで手こずるとテンション下がりますからねー。
その点、スムーズに火が上がりました!
しかもこの日は大雨で気温も低かったので、焚火をして大正解でした。


まどろみの焚き火時間を経て、タープ越しの野尻湖の風景とSUPで遊んだときの一枚。

さて、次はどこでキャンプしようかしら。
まだまだキャンパー歴2年目、コミヤマ家のキャンプは続くー。

2017/7/5 投稿者:コミヤマ

LINEで送る
Pocket

ステープルガン(拳銃型ホッチキス)

 
どうも、みなさん。
ありのです。

mono shopのTwitterやFacebookをよくご覧になっている方はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
7/16売りのモノ・ショップマガジン(モノ・ショップ新聞)に掲載予定の新商品「ステープルガン」です。

ステープルガン

品名だけだとピンと来ないのですが、和名にするのであれば「銃型ホッチキス」でございます。
(なんというか、身も蓋もない感じですが)

土台+拳銃な外観ですがコチラは書類とか綴じるときに「ばきゅ~~ん」と音が鳴るという遊び心のあるアイテム。もちろん使う場所にあわせて、音のON/OFFも可能です。

底面のスイッチでON/OFF。電池の交換の場合は+ドライバーでねじを外しカバーを外して交換可能(単4×2本)。

さらに底面にある丸い金属のボタンは、押すとホッチキスの台座が浮いて回転することができます。綴じたときの
針の向きが内に向くか、外に向くかというのが選べるのです。

針の向き

本商品のサイズはW155×H73×D45mm。土台付きなので若干大きなサイズ。さらに針はNo.3を使用します。
一般的に良く売られているのがNo.10だったりしますので、針のサイズはご注意を。
No.3は少し大き目の針になるので、書類をしっかり止めたいときや多少厚みのあるモノなんかにちょうどいい大きさです。
お値段は税込みで2,160円 です。

【銃型ホッチキス】 STAPLE GUN (サウンドエフェクト付き) ¥2,160-(税込み)

P.S
冒頭で7/16売りモノ・マガジンに掲載ということで、商品の撮影がありました。
そこで編集部の方から「使っているところの撮影をしたいのでスタジオまで来てくれ。」と言われたので、「ホッチキスを押しているところを取るのかな?」と思いつつスタジオへ。

蝶ネクタイ

そこで手渡されたのが上のあからさまな「蝶ネクタイ」。
何を撮影したかはモノ・マガジン8/2号をご覧ください。

LINEで送る
Pocket

【コンバットマガジン×niconico 生放送開催!】

どうも、みなさん。
ありのです。

水曜日(6/14)夜。21:30からのニコニコ生放送のお知らせです!
といっても、モノ・ショップではなくてコンバットマガジンがニコ生に登場します。
そこで、コンバットマガジン編集部より「告知を~~!」ということだったので以下掲載となります。

ニコ生にコンバットマガジン登場!

ミリタリー専門誌の中の人が“カラシニコフ”と“M16”を徹底解説そして、ドキュメンタリー『カラシニコフ VS M16』を一緒に観ませんか?

http://live.nicovideo.jp/watch/lv299974509

この番組はニコニコドキュメンタリー『ザ・ライバル カラシニコフ VS M16 ~最強の武器を求めて~』というドキュメンタリーをより楽しく、そして深く鑑賞するための生放送です!

コメンテーターは人気ミリタリー専門誌我らが『コンバットマガジン』のエース「世界のTK※」、そしてミリタリー界のアイドル「戦え!! ぴっちょーりな⭐︎」、そして弊誌編集長を拝命している私ことハットリです。
※格闘家、声優ではありません。

ドキュメンタリーの放送直前には“カラシニコフ”と“M16”を、ミリタリー専門誌の中の人の目線で徹底解説。
そして22:00からは『カラシニコフ VS M16』をリアルタイムで鑑賞しながらのコメンタリー放送。
はたしてミリタリー専門誌の中の人=我々は、このドキュメンタリーをどう観るのか? さらに放送後には居残り感想会も開催!

ベトナム戦争からアフガニスタン紛争に至るまで、60年以上のライバル関係が続いた、2つの軍用銃『カラシニコフ VS M16』を一緒に、味わい尽くしましょう!


◆放送タイムスケジュール
6/14(水)
21:30~ “カラシニコフ”と“M16”の解説トーク
22:00~ 『カラシニコフ VS M16 ~最強の武器を求めて~』を観ながらコメンタリー放送
23:00~ ドキュメンタリー感想会
  
◆出演者


服部夏生(コンバットマガジン編集長)

Taku(ライター)

戦え‼︎ぴっちょりーな☆(声優/コンバットマガジン連載)
Twitter @Piccholina

◆番組名
『カラシニコフ VS M16』をミリタリー専門誌の中の人と一緒に観る会【コンバットマガジン×niconico】

 http://live.nicovideo.jp/watch/lv299974509

※ニコニコ生放送を見るためにはニコニコ会員のアカウントが必要となります。(一般会員であれば無料です。)
※生放送時間帯に見れない場合でもタイムシフト予約をすることで後日見ることができます。

投稿日:2017/06/12 投稿者:ありの
LINEで送る
Pocket