soil


■ 今注目の「soil」とは? ■

日本の建築に精通した、金沢で江戸の文政年間から続く左官業を営む会社が、吸湿性の高い珪藻土を使った、生活アイテム『soil』を開発。いま大きな注目を集めている。

soil バスマット

ブランド名の『soil』は土や泥という意味。シックハウス症候群や、気密性の高い住まいの湿度対策として、以前から珪藻土を使った壁の有用性が謳われていたが、同社はその珪藻土という素材をさらに具体的な製品としてスタイリングした、最初のブランド。

当初注目を集めた製品は「バスマット」だったが、独自の着眼点を活かしたさまざまな製品開発を行い、現在もなお、新しい製品が次々と生まれ新製品もまた、欲しくなる魅力に溢れている!



■ 珪藻土という素材 ■


古代のプランクトンの死骸が堆積してできた堆積岩のこと。別名「ダイアトマイト」と呼ばれる。藻類の一種であるプランクトン珪藻の殻は二酸化ケイ素で構成されており、これが珪藻土の主成分となり、世界中で産出されている。

珪藻の殻は多孔質で、体積当たりの重さは普通の土や粘土に比べて非常に軽いのが特長。耐火性や断熱性に優れているので、建材としての利用も早くから行われていた。また、水分や油分を大量に保持することが可能であり、その性質を利用して保湿剤として使われていた。煮炊き用の七輪も珪藻土層をそのまま利用したもの。

意外に知られていないが、その昔はビスケットの増量材やビールの濾過材としても利用されていたほどで、実際に食することも可能。アイヌの人々が実際に食用土として利用していた記録も残されている。ダイナマイトを発明したノーベルも、珪藻土を使ってニトログリセリンを安定させていた。

原料となる珪藻土
原料となる珪藻土。実際に手に取ってみると判るが、非常に軽い。この原料に水を加えて練ったものを成型していくのだ

石川県山の珪藻土
産地によって色が違うのも珪藻土の特長。赤系の土は石川県産。成型に左官の技が活かされてsoilの製品が生まれる。


左官業の「イスルギ」とデザイン企画会社「アッシュコンセプト」

soil バスマット
本物と呼べるのは最初にこの製品を世に送り出した『soil』だけ。
soil バスマット『soil』が生まれる前に同社が企画していた左官アート。本来は壁見本としてあったものを額装してアート作品にした

インターネット検索で“珪藻土バスマット”と打ち込んでみると、山ほどの製品がヒットする。中には安価な東アジア製も多いが、本物と呼べるのは最初にこの製品を世に送り出した『soil』だけである。

 なぜならば、同社の製品はかさ増しのための余計な素材を加えていない、本物の珪藻土を使用しているからだ。『soil』がデビューしたのは2009年のインテリア&ライフスタイル展。元々は石川県のデザインセンターが当時流行していた泥団子に目を付けて、その発想でモノ作りをしようと、金沢市で左官業を営む株式会社イスルギと、デザイナーとの共同企画でスタートしたのが始まり。当時、同社の専務だった石動博一氏は、需要が減る一方の左官業に危機感を覚えており、左官の技術を活かした壁見本を左官アートとして商品化し展開していたが、かなりの苦戦を強いられていた。そんなとき、同社の技術を知ったデザイン企画会社のアッシュコンセプトが、水を吸う材料である珪藻土に興味を持ち、デザイン指導を行って誕生したのが『soil』だったのである。

ニッポンの職人マインド溢れる調湿製品soil

 文政年間の左官職人、石動半平をルーツとする「イスルギ」は、金沢で法人化してから63年の歴史を持つ名門。金沢城のなまこ壁や、姫路城の平成の大改修も手がけている。徒弟制度で連綿と続いていた左官職人を早くから社員として抱え、左官技術を教える専門の学校を設立した歴史もある。ただ、時代が進むにつれて大手ゼネコンは左官の腕よりも単価と納期という面が強くなった。『soil』はそんな時代に、左官の需要を創出するために誕生したのである。

石動半平、半纏、コテ
(左1)江戸時代から続く石動半平の子孫として生まれた石動半七は、“コテの天才”と称された。同社の創業者だ。隣は結婚当時の妻ツヤ。(左2)イスルギの創業半纏。職人たちの戦闘服だ。(右)製品のサーフェスを左右する左官職人のコテ。作業の場所によってサイズや形が異なるので何十種類もある。

 石動博一氏とアッシュコンセプトが着目したのは、湿気の多い日本の生活に根差した新しいデザイン雑貨の開発だった。湿気を吸収する珪藻土を、伝統の左官技術で形成し、デザインでブラッシュアップするという方法。科学的な検証を行えば、湿度を0%にするわけではない。しかし、限りなく湿気を吸着する素材をピンポイントの商品開発で製品化したところ、その“調湿”という機能が現代の生活者に受け入れられた。

茶さじとパスタメジャーコンテナ
バスマットのように直に水を取るだけでなく調湿の特性を持つ珪藻土。茶さじや、パスタ用のコンテナなどに使うと効果的だ。

 最初に作られた珪藻土バスマットは当初はなかなか注目されなかったが、テレビの情報番組で取り上げられてから状況が一変。大変なヒット商品となった。
『soil』の製品には、江戸時代から続く左官の歴史が見え隠れする。そもそも左官職人は“通気”の大切さを知っており、その発想や技術が同社の製品に活かされているのである。したがって、珪藻土以外の素材を混ぜる場合も、きちんとした左官目線の理由がある。形だけ真似た類似品とはそこが決定的に違っているのである。ちなみに『soil』製品の取り扱いは百貨店、専門店、デザインショップのみ。ホームセンターやTVショッピング、ディスカウント店などでは売られていない。モノとしての誠実さが伝わる『soil』の珪藻土アイテム。メイドインジャパンには信頼すべき理由が存在する。



■ soil 商品一覧 ■




mono shop blog

広告営業部 部員募集

ロゴス商品一覧

モノショップTV

twitter

facebook

新刊情報

mono online

mono shop カテゴリー一覧

PAGE TOPPAGE TOP

SHOPPING FLOW

  1. STEP01
  2. STEP02
  3. STEP03
  4. STEP04
  5. STEP05
  6. STEP06

SHOPPING GUIDE

お支払方法

当店では、クレジットカード決済またはコンビニ・銀行でのお支払いによる「現金決済」がご利用いただけます。

■クレジットカード決済
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。
カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。
※必ずお申込み者と同名義のクレジットカードをご利用下さい。

クレジットカード

■現金決済(コンビニ・ATMお支払い)
ご注文完了後に通知される専用サイトで発行されるコードで
コンビニ・お店・銀行(ATM・ネットバンキング)お支払い方法をお選びができます。
※前払い制のため支払い期限はご注文後、3日間となります。
※銀行での決済の場合、手数料が発生する場合がございます。手数料はお客様ご負担となりますのでご了承くださいませ。
ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

コンビニ
ショップ
銀行・ネットバンキング

ご利用案内

お問い合わせは、メール、お電話、FAXで受け付けております。
※WEB上でも受付けております。入力フォームはコチラ
※土日、祝日は店休日のため発送・お問い合わせは、翌日の受付になります。

株式会社ワールドフォトプレス
〒164-0001 中野区中野
3-39-2
TEL : 03-5385-5801 FAX : 03-5385-5703
mail : support@monoshop.co.jp
営業時間について

ネットでのご注文は24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

  平日 9:30~17:30

※土日、祝日はお休みをいただきます。
※年末年始などの営業については別途告知させていただきます。
メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

返品・交換について

■お客様都合によるキャンセルはできません。
不良品、破損の場合は商品到着後1週間以内にモノショップ・オンラインまでご連絡ください。商品交換にて対応いたします。(代替商品の入手が困難な場合は返金いたします。)
※この場合送料は当店負担となります。

■中古品・ビンテージ品に関しましては商品の性質上、返品は受け付けておりません。

送料について

■送料
当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料(一律650円)及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。5,000円以上お買い上げいただきますと送料無料になります。
※フィギュア王誌上販売などの一部の商品は除きます。

配送について

配送は日本郵便のゆうパックでお届けいたします。
地域や商品によりまして、物流会社が変更になる事がございますが、何卒御了承下さいませ。

・当店の商品はご注文後の在庫があるものは即日出荷とさせていただいておりますが、一部商品につきましては、メーカーから取り寄せする商品やご注文後に製作をする受注商品がございます。各商品ごとに「お届け時期」として掲載しておりますので必ずご確認くださいませ。

午前中(9時~12時) 12~14時 14~16時
16~18時 18~20時 20~21時
※時間指定は上記の通り承ります。ただし、お届け日はそれぞれの商品により納期が異なるため、承っておりません。
※メール便には対応しておりません。
※物流会社の指定は御受けしかねます。
※お届け先は国内に限ります。
登録メールアドレスのご注意

「注文確認メール」はご注文いただいた際に自動配信しております。届かない場合は、お問合せフォームからお問合せください。メールアドレスを「Yahoo!メール」や「携帯アドレス」で登録している方の中には、セキュリティ設定(迷惑メールの設定)によってmono shopからの確認メールが届かない場合がございます。あらかじめ、@monoshop.co.jp のドメイン指定などの迷惑メール設定の解除をお願いいたします。