猫彫り作家 小嶋 伸の仕事


■ 猫彫り作家 小嶋 伸

子供の頃からモノ作りに興味があり美術学校で絵画を学んだが、「周囲に画が上手いヤツなんてたくさんいてさ、それならオレは違うことやろうじゃないかと」。そんなある日、友人宅の木造建設を手伝ったことから〝木工こそ進むべき我が道〞と直感。以来ほぼは独学。で技術を身に着けた。

物心付いた頃から自宅には猫がおり、現在まで多くの時間を共に過ごしてきた。それゆえ猫彫りが得意なのかと思いきや、「当初はいろいろと彫ったのだけど、動物、なかでも猫が評判でよく売れた」ことから猫をモチーフにする機会が増え、繰り返す内に技術も深まった。つまりファンのニーズによって小嶋作品は作られ、活動開始からおよそ35年、名実共に「猫彫り作家」となった。

猫彫り作家 小嶋 伸

■ 小嶋伸の仕事

引き出しの中のお店シリーズ

削って彫って猫彫刻を作り続ける小嶋伸さんは活動開始からおよそ35年。数多の猫作品が作られ、猫好きにとってはどれも堪らないモノばかり、ここでは3Dで表現される代表的な2つの作品を紹介しよう。

1つは「引き出しの中のお店シリーズ」
引き出し1段を丸々ジオラマ化している作品だ。シリーズということもあり、多数の作品があるがコチラは「猫バッグを創る猫」。 一つ一つのツールや作業風景にも感心してしまうが、猫バッグが置かれていることに注目。これは革素材で猫モチーフモノを作るパートナーのサチコさんが作ったものなのだ。こういった情景作品は小嶋さんにとって定番の作品なのだ。
シリーズというだけあってその他にも「ひたすら壁を貼る猫達」「真夜中の訪問者」「Candle Shop」などがある。



もう1つは猫と古時計の世界観のペアリングに着目した作品「時を創るネコとネズミ」。絶対的な普遍の時の流れを、気まま、わがままといわれる猫が管理?しているアンビバレンツな作品だ。また、小嶋伸の作品ではしばしば猫とともに作業するネズミの存在もある。猫とネズミは敵対関係で描かれることが多いが、小嶋さんの世界では仲良く作業している様子にほっこりとしてしまう。

これらの3Dで作られている猫たちは服装こそ塗っているが、顔部分の毛色の柄は象嵌という手法で違う木々を組合せて作られている。それぞれの木の持つ色や質感が毛並みの表現を見事に表しているのだ。

時を創るネコとネズミ



大作中の大作である「おまねきトレイン」

おまねきトレイン

小嶋さんの作品では、2.5D(半立体・象嵌浮彫り)で表現されるの作品が実は多い。乗客としての猫たちを2.5Dで表現する「電車シリーズ」がその1つ。そのシリーズを作り続ける中、「猫自身が招き猫の人形を製造する移動工場ができたら面白いのでは」?という思いつきですべてを立体象嵌の3Dで表現したのがこのモノ・ショップで販売する76cmの大型作品「おまねきトレイン」だ。猫も、電車も、添えつけの道具も何もかもが3Dで作り上げられている。一見すると電車の上までも客席が広がる猫電車とも見受けられるが、先の通り、「猫自身が招き猫人形を作る移動工場」各猫たちはその製作作業に従事しているのだ。

世界に1台のみの「おまねきトレイン」。ネコ好きコレクターのメインコレクションとして、猫カフェをはじめとしたお店のメインディスプレイとしても目を引くこと間違いなしの作品だ。


おまねきトレイン限定販売

1.搬入された角材を適正なサイズに分割する猫。電動糸ノコを使ってざくざく大まかにやっていると見える。

2.おまねきトレインでは猫とねずみは同じ職場のパートナー。糸ノコで分割された材木をノミと槌でもってラフに造形するのはねずみの職分。

3.ねずみによる粗彫りののち、猫は彫刻刀を用いてディテールを刻んでゆく。着用するカーディガンの色やその相貌が小嶋さんに似ているように感じないか?

4.続いて2階……というかルーフの作業場に移動。彫刻の済んだ招き猫モデルはまず機械工程により白く塗装(おそらくスプレー)される。

5.同時に乾燥も完了した招き猫モデルは、塗装職猫による朱入れ、墨入れがなされる。

6.すべての工程を経て完成した【猫とねずみの合作による木製招き猫】は箱詰めされ、出荷される。これにて工場見学終了。

工具の電源なども電車のボイラーでまかなう部分もあり非常に芸が細かく、見れば見るほどその情景に惹きこまれてしまう。
猫好きでもそうでない方でも、この世界観をお部屋のインテリアとして飾ってみてはいかがだろうか。

おまねきトレイン



■ 【限定1台】 「おまねきトレイン」 作 : 小嶋伸(こじましん)


仕様詳細

■本体サイズ:約W760×H450×D230mm
■素材:木材と鉄とアクリルを使用
木の種類・本体はシナ、チーク、神代ニレなど。人形などは、楠・ケヤキ・黒檀・ローズウッド・ウォルナット・ツゲ・マホガニー・ゼブラなどを使用。
 
■限定生産1個 (完売の場合はご了承ください。)
※作品は小嶋さんの工房から直送されます。


商品ページへ

【限定1台】 「おまねきトレイン」 作 : 小嶋伸(こじましん)




ゴールデンウィーク中のお休みについて

モノ・マガジン編集部員募集!

ロゴス商品一覧

モノショップTV

mono shop blog

mono横丁2017GW

twitter

facebook

新刊情報

mono online

mono shop カテゴリー一覧

PAGE TOPPAGE TOP

SHOPPING FLOW

  1. STEP01
  2. STEP02
  3. STEP03
  4. STEP04
  5. STEP05
  6. STEP06

SHOPPING GUIDE

お支払方法

当店では、クレジットカード決済(先払い)、コンビニ決済(先払い)がご利用いただけます。

■クレジットカード決済
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。
カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。
※必ずお申込み者と同名義のクレジットカードをご利用下さい。

クレジットカード

■コンビニ決済
ご利用が可能なコンビニエンスストア
※ご入金期限は3日間です。入金確認後の発送となります。 3日間を超えた場合はキャンセルとさせていただきます。

コンビニ

ご利用案内

お問い合わせは、メール、お電話、FAXで受け付けております。
※WEB上でも受付けております。入力フォームはコチラ
※土日、祝日は店休日のため発送・お問い合わせは、翌日の受付になります。

株式会社ワールドフォトプレス
〒164-0001 中野区中野
3-39-2
TEL :  03-5385-5801 FAX : 03-5385-5703
mail : info@monoshop.co.jp
営業時間について

ネットでのご注文は24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

  平日 9:30~17:30

※土日、祝日はお休みをいただきます。
※年末年始などの営業については別途告知させていただきます。
メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

返品・交換について

■お客様都合によるキャンセルはできません。
不良品、破損の場合は商品到着後1週間以内にモノショップ・オンラインまでご連絡ください。商品交換にて対応いたします。(代替商品の入手が困難な場合は返金いたします。)
※この場合送料は当店負担となります。

■中古品・ビンテージ品に関しましては商品の性質上、返品は受け付けておりません。

送料について

■送料
当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料(一律650円)及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。5,000円以上お買い上げいただきますと送料無料になります。
※フィギュア王誌上販売などの一部の商品は除きます。

配送について

配送は日本郵便のゆうパックでお届けいたします。
地域や商品によりまして、物流会社が変更になる事がございますが、何卒御了承下さいませ。

・当店の商品はご注文後の在庫があるものは即日出荷とさせていただいておりますが、一部商品につきましては、メーカーから取り寄せする商品やご注文後に製作をする受注商品がございます。各商品ごとに「お届け時期」として掲載しておりますので必ずご確認くださいませ。

午前中(9時~12時) 12~14時 14~16時
16~18時 18~20時 20~21時
※時間指定は上記の通り承ります。ただし、お届け日はそれぞれの商品により納期が異なるため、承っておりません。
※メール便には対応しておりません。
※物流会社の指定は御受けしかねます。
※お届け先は国内に限ります。
登録メールアドレスのご注意

「注文確認メール」はご注文いただいた際に自動配信しております。届かない場合は、お問合せフォームからお問合せください。メールアドレスを「Yahoo!メール」や「携帯アドレス」で登録している方の中には、セキュリティ設定(迷惑メールの設定)によってmono shopからの確認メールが届かない場合がございます。あらかじめ【@monoshop.co.jp】のドメイン指定などの迷惑メール設定の解除をお願いいたします。